オメガ3脂肪酸パワーで元気な体を手に入れよう|摂取方法を知ろう

ウーマン

不飽和脂肪酸の一種

美容オイル

体内で作られない脂肪酸

脂肪には、大きく分けると飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類のものがあります。このうち飽和脂肪酸は、肉類を食べることで摂取できますが、もともと体内に存在しているため、それほど多く摂取する必要はありません。しかし不飽和脂肪酸の一種のオメガ3脂肪酸については、体内で作り出すことができません。そのため食べ物によって取り入れることが大事とされています。具体的にはオメガ3脂肪酸は、青魚を食べることで摂取できます。しかし加熱すると身から溶け出してしまうことから、生の状態で食べることが必要となります。それが困難という人のために、昨今ではオメガ3脂肪酸を手軽に摂取できるサプリメントが販売されるようになっています。生の青魚を購入したり調理したりすることなく、体にオメガ3脂肪酸を供給できるため、人気があります。

肥満や動脈硬化を防止

加熱により溶けるということは、オメガ3脂肪酸は、摂取した場合にも体温で溶けるということです。そのため脂肪の一種ではありますが、体内で形状を維持しない分、肥満の原因にはなりにくいのです。ところが飽和脂肪酸の場合、体温で溶けずに体内で固形の状態を維持します。そのため消化の流れに乗りにくく、蓄積していきます。そして蓄積量が増えることで層となり、その層が厚くなればなるほど、肥満や動脈硬化などのトラブルが引き起こされやすくなります。しかしオメガ3脂肪酸には、溶けて体内を流れていきながら、この飽和脂肪酸の層を削り取っていくという性質があります。削られていくことで飽和脂肪酸の層は薄くなり、それにつれて肥満や動脈硬化のリスクは下がっていきます。そのためにも多くの人が、オメガ3脂肪酸をサプリメントで積極的に摂取しています。